Cybereason

Cybereason

資料タイトル
ケーススタディ:大手金融サービス会社、振る舞い検知戦略により進化するAPT攻撃に対処

資料概要
12万人の従業員と最先端のインシデント レスポンス チームを擁す大手金融サービス会社が、流出先は特定できないものの社内データの漏えいを検知しました。

データ侵害の被害にあったエンドポイントをフォレンジック分析にかけたところ、コマンド&コントロール(C&C)サーバーで使用されたドメイン名とIPアドレス、および永続化を維持するためのスケジュールされたタスクが明らかになりました。

フォレンジック調査では、各エンドポイントがそれぞれ異なるIPアドレスと固有のドメイン名に接続されていることが判明しました。

この企業がどのようにこの課題に取り組んだのか、本書を通じて学ぶことができます。

お申込みフォーム

以下のお申込みフォームに必要事項を入力し、送信してください。
送信後、ダウンロードページが表示されます。受付完了メールは配信されませんのであらかじめご了承ください。
※入力の際、機種依存文字はご使用にならないようお願いいたします。

製品・サービス

Cybereason EDR

Cybereason NGAV

/**/
<2019年3月26日開催 オンラインセミナー>国内導入実績No.1標的型攻撃対策ソリューション「Cybereason EDR」の最新機能をご紹介!