Cybereason

Cybereason

資料タイトル
ケーススタディ:Fortune 500の銀行事例

資料概要
Fortune 500のある銀行では、それまで使用していたEDR(Endpoint Detection & Response)ツールを、エンドポイントデータを自動的に収集・分析し、攻撃の完全なシナリオをセキュリティチームに提供できるツールに置き換える必要がありました。

また、セキュリティチームは、振る舞いに基づいた検知モデルへと移行するためにも、新しいEDRツールを必要としていました。セキュリティチームは、Cybereasonを導入することにより、エンドポイントデータの収集と分析の自動化を実現し、銀行全体での異常な振る舞いの検知力を改善することができました。

この企業がどのようにこの課題に取り組んだのか、本書を通じて学ぶことができます。

お申込みフォーム

以下のお申込みフォームに必要事項を入力し、送信してください。
送信後、ダウンロードページが表示されます。受付完了メールは配信されませんのであらかじめご了承ください。
※入力の際、機種依存文字はご使用にならないようお願いいたします。

製品・サービス

Cybereason EDR

Cybereason NGAV

/**/
<2019年3月26日開催 オンラインセミナー>国内導入実績No.1標的型攻撃対策ソリューション「Cybereason EDR」の最新機能をご紹介!