Cybereason

Cybereason

資料タイトル
ケーススタディ:日本マクドナルド株式会社

資料概要
世界最大のハンバーガーチェーンとして、世界中の人々に愛されているマクドナルド。日本国内におけるマクドナルドを展開する日本マクドナルド株式会社では、「QSC&V(Quality、Service、Cleanliness、Value)の理念の下に、クイックサービスレストランとしての最高の店舗体験の提供によって、顧客にとって「お気に入りの食事の場とスタイルであり続けること」をミッションに掲げてビジネスを展開しています。

現在同社は、世界きってのブランド力を持ち、多数の顧客情報や従業員情報を預かる巨大企業としての社会的責任を果たすために、グローバルで情報セキュリティ対策の強化に取り組んでいます。

日本マクドナルドでも以前よりさまざまなセキュリティ対策を講じてきましたが、特に2017年ごろからはより一層の対策強化に乗り出しています。

お申込みフォーム

以下のお申込みフォームに必要事項を入力し、送信してください。
送信後、ダウンロードページが表示されます。受付完了メールは配信されませんのであらかじめご了承ください。
※入力の際、機種依存文字はご使用にならないようお願いいたします。

製品・サービス

Cybereason EDR

Cybereason NGAV

/**/
<2019年3月26日開催 オンラインセミナー>国内導入実績No.1標的型攻撃対策ソリューション「Cybereason EDR」の最新機能をご紹介!