Cybereason

Cybereason

資料タイトル
ケーススタディ:国立大学法人宮崎大学

資料概要
宮崎県宮崎市にキャンパスを構える宮崎大学は、2003年10月に旧宮崎大学と宮崎医科大学が統合し、新生宮崎大学として「世界を視野に、地域から始めよう」のスローガンを掲げ、生命科学、環境科学、エネルギー科学、食の科学の分野を筆頭に、国際的に通用する特色ある高度な学術研究結果を世界に発信しています。

また、2016年4月に新設した「地域資源創成学部」をはじめ、教育学部、医学部、工学部、農学部の5学部、大学院6研究科からなる総合大学として、地域活性化を推し進めています。

学内のみならず民間企業との連携も増える昨今、あらゆる環境もカバーするセキュリティとして、同校がに選んだのが「Cybereason EDR」でした。

お申込みフォーム

以下のお申込みフォームに必要事項を入力し、送信してください。
送信後、ダウンロードページが表示されます。受付完了メールは配信されませんのであらかじめご了承ください。
※入力の際、機種依存文字はご使用にならないようお願いいたします。

製品・サービス

Cybereason EDR

Cybereason NGAV

/**/
セキュリティ・リスクレベル無料診断ツール