share

share

COMPONENTS

コンポーネント紹介

堅牢なセキュリティを提供する Cybereasonの構成要素

Cybereasonの提供するプラットフォームは、
エンドポイントからの情報収集機能、 AIを活用した情報分析機能、
可視化されたレポート機能の
3つのコンポーネントで構成されています。

  • Endpoint Silent Sensor

    ユーザーモードで実行されるセンサーによってエンドポイントのデータを常に収集することで、プロセス、ユーザーデバイス、メモリ、レジストリ、その他で起こる変化を記録します。また、プロセスの停止、ファイルの隔離、レジストリ キーの削除など様々な対処が可能です。

    データシートを見る

  • Malop Hunting Engine

    パターン認識、機械学習、行動解析など、様々なノウハウが実装された、Cybereasonの頭脳です。これらの技術で悪意ある振る舞いを認識し、怪しい挙動をつなぎ合わせ、一連の攻撃「Malop: Malicious Operation」として検知します。

    データシートを見る

  • Incident&Response Console

    攻撃の詳細を分かりやすく確認することができる、管理画面です。攻撃の全体像を即座にビジュアライズすることで、アナリストは詳細を素早く掘り下げて調査し、最適な対処策を検討できます。

    データシートを見る

セキュリティチームを協力サポート

SERVICES