Cybereason

Cybereason

各工場、支社に分散した端末を一括監視、保護
生産を止めないエンドポイントセキュリティ対策

日本の産業構造を支える製造業のシステムは近年DXの推進や働き方改革により、クラウドの活用やテレワークが拡大しています。一方この変化に伴い、端末やサーバに保存されている情報資産を標的とした新たなサイバーセキュリティの課題が浮かび上がっています。

製造業におけるサイバーセキュリティの課題

フィッシングメールによる感染やテレワーク端末を狙った攻撃によって、組織内のITネットワークに侵入して、機密情報を窃取した後にランサムウェアを仕掛けるといった多重脅迫型の攻撃や、組織内のITネットワークを経由した工場の制御システムに対するサイバー攻撃の脅威が高まっています。このような攻撃はOSの標準ツールや脆弱性を悪用するため、従来の防御・入口対策型のセキュリティ対策では検知、対応することが非常に困難です。

また、製造業特有の運用面の課題としては工場や多拠点に分散されている端末に対するセキュリティ対策が挙げられます。

工場内の端末はクローズな環境で利用されているため、オフラインでエンドポイントセキュリティ製品が動作する必要があります。またスペックが比較的低い端末を使用している場合は、業務に影響がでないセキュリティ製品が要件になります。

さらに、国内外において多拠点に展開している企業においては、オフィスや工場など、各拠点に設置・導入されているセキュリティ対策に差があり、各拠点のセキュリティレベルを統一することが課題になることがあります。

セキュリティが手薄な拠点や、脆弱性が内在するゲートウェイ、テレワーク端末など、攻撃者は侵入できる一箇所の攻撃ポイントを見つけさえすれば、企業の内部ネットワークへ侵入することができます。ますます高度化する脅威から組織の情報資産を保護するためには、従来型のセキュリティソリューションでは防ぎきれない攻撃を、素早く「検知、隔離・対処」できることが必要です。

Solution

製造業向けソリューション

サイバーリーズンは製造業を標的にした巧妙な攻撃から重要な情報資産やシステムを保護し、生産ラインを止めないセキュリティソリューションを提供します。グローバルに展開して多拠点に端末が分散している場合でも一括で監視することが可能です。サイバーリーズンのディフェンスプラットフォームは企業を横断するような一連の攻撃の全体像をイラストで分かりやすく可視化するため、素早く状況を判断することができます。そして複数端末に影響が及ぶ攻撃に対してはリモートからまとめて対処することが可能です。

また、サイバーリーズンは各種セキュリティサービスも用意しております。お客様のセキュリティチームの一部として機能する24時間365日の脅威監視サービスや、専門チームによるインシデント対応サービス、企業内の安全性をチェックできるセキュリティヘルスチェックサービスを提供します。サイバーリーズンはお客様のサイバーセキュリティ戦略パートナーとして、日常的な運用支援からインシデントの収束まで、リスクマネジメントを支援します。

お客様の声

お客様の声:株式会社エクセディ

株式会社エクセディ

管理本部 情報システム部 部長 主幹 前神 勇司 氏

「他社製品に比べCybereason EDRは、導入したPCの挙動に大きな影響を与えません。将来的に海外も含めた遠隔地の拠点に導入することを考えると、これはメリットが大きいと判断しました。また画面が日本語化されていた点も、使い勝手の面で評価が高かったですね。さらに、弊社は少ない人数でセキュリティ管理を行っていますから、MDRサービスで普段の運用を代行してくれる点はとても魅力的でした」

導入企業

<8/25 オンライン>サイバー攻撃デモ&ハンズオンセミナー