share

share

Q & A

よくある質問

  • 販売条件
  • 会社紹介
  • 仕様関連
  • その他

Q.

エンドポイントとは何ですか?

A.

監視対象となる機器(パソコンやサーバなど)を指します。ライセンスの販売にあたっては、エンドポイント数に応じた料金設定となっております。

Q.

センサーの展開方法を教えてください。

A.

センサーの展開はお客様側で実施頂きます。管理画面からセンサーをダウンロードし、以下のような方法で展開頂きます。
 ・手動インストール
 ・ADサーバーのグループポリシーで配布
 ・SCCMなどのアプリケーション配布サーバで配布
 ・その他、サードパーティーの資産管理サーバなどを利用して配布

Q.

他のソフトとの競合動作は発生しないでしょうか?

A.

Cybereason センサーは、ユーザーモード、システム権限で動作するため、他ソフトとの干渉が発生するリスクは低くなっています。 これまで、他製品との競合が発生した実績はございません。

Q.

検知から対応まで、自動化が可能ですか?

A.

検知までは自動で実施されます。
アラートの発生後、攻撃内容の解析や対応方法の判断は、お客様にて実施頂きます。MSSサービスをご契約頂ければ、攻撃内容の解析と推奨する対応について、専門知識を持つセキュリティ担当者がサポート致します。

Q.

クライアントからはどのようなログデータを収集するのですか?

A.

プロセス名、マシン名、起動時間などのメタデータを収集しています。 個人情報や企業機密情報に関わる情報は収集しておりません。

Q.

提供方法はクラウド型のみですか?オンプレミス型での提供は可能ですか?

A.

クラウド型の提供を推奨しておりますが、お客様のご要望を元に、オンプレミス型の構築もご提案可能です。

Q.

iPhoneやAndroid等、スマートフォンには対応していますか?

A.

現状は未対応となります。

Q.

クライアントへの負荷はどのくらいでしょうか?

A.

次の通りとなります。
・CPU負荷 2-5%程度
・メモリ負荷 5%程度
・通信量5-10MB/日程度

Q.

8200部隊とは何ですか?

A.

イスラエル国防軍のエリート集団にて構成される、サイバーセキュリティを主なミッションとする諜報部隊です。Cybereasonは、この8200部隊の出身者により設立された会社です。

Q.

Cybereason Inc.はどこの会社ですか?

A.

Cybereason Inc.(本社)は、米国のボストン、開発拠点は、イスラエルのテルアビブにあります。サイバーリーズン・ジャパン株式会社は、東京にオフィスがあります。

Q.

ライセンスの販売単位を教えてください。

A.

Cybereasonのライセンスは、1エンドポイントあたり、1年間毎の販売となります。なお、エンドポイント数は、最低1,000EP以上からの販売となります。

Q.

価格はいくらですか?

A.

お客様へのご提供価格につきましては、販売パートナー様経由でのご提示となりますので、販売パートナー様へお問合せください。

Q.

クラウドサービスの利用料、初期構築費用は別途必要になりますか?

A.

クラウドのホスティング費用、サーバー構築初期費用はライセンス費用に含まれておりますので、別途初期費用は発生しません。エンドポイントにセンサーをインストールする作業は、お客様にて実施頂く必要があります。

Q.

ライセンスの最低販売数の設定はありますか?

A.

1,000エンドポイント以上からの販売となります。