Cybereason

Cybereason

顧客情報を保護し、安心の店舗運営を支えるサイバー脅威対策

世の中のデジタル化が急速に進展による働き方や生活スタイルの大きな変革に伴い、小売業界においても、デジタル化によるサービス向上、業務効率化、働き方改革が進められています。一方、サイバー攻撃を受けるリスクが高まっており、顧客情報の保護や、店舗営業の継続性、ブランドを維持する上で、サイバーセキュリティへの取り組みが小売業界においても最重要の経営課題と言えます。

流通・小売業におけるサイバーセキュリティの課題

脅威は小売業界においても手を休めることはありません。サイバー攻撃によって食料品店チェーンでは、レジが操作できなくなり全店舗の休業に追い込まれる事態に陥ったり、飲食店では顧客情報だけでなく、従業員情報が流出する被害が発生しています。このような攻撃はPCやサーバだけを標的にしておらず、POSシステムへの攻撃をきっかけに、内部ネットワークに侵入するケースも確認されています。

サイバー脅威は当然ながらオンラインサイトにも襲いかかります。ECサイトを展開する企業ではサーバの脆弱性を悪用され、クレジットカード情報などの機密情報が外部に流出する事例が後を立ちません。

また取引先の多い小売業界においてはサプライチェーン攻撃も大きな脅威です。比較的セキュリティが手薄な取引先を経由して自社へ攻撃してくる事例は国内においても深刻な脅威として捉えられています。

サイバー攻撃が高度化すると共に、海外事業所や取引先企業を通じた侵入経路の確立など攻撃起点の変化・拡大への対応が必要となるなど、サプライチェーン全体を視野に入れたリスク管理、多様なサイバーセキュリティ人材の育成が求められています。

Solution

流通・小売業向けソリューション

サイバーリーズンは小売業界に潜むサイバー脅威から顧客情報や機密情報を保護し、安心した店舗運営を支援するサイバーセキュリティソリューションを提供します。次世代アンチウイルス(Cybereason Endpoint Prevention)や侵入後対策製品(Cybereason EDR)を提供するだけでなく、セキュリティ運用負荷や人材不足を解消し、店舗運営に集中するために、サイバーリーズンはお客様のセキュリティチームの一部として機能するセキュリティサービスを用意しています。

また24時間365日の脅威監視サービスや有事の対応を支援するインシデント対応サービスや本部や店舗環境の健全性チェックを行うサービスなど、製品メーカーながら各種セキュリティサービスを提供しています。サイバーリーズンでは日常的な運用支援からインシデントの対応まで、一連のセキュリティのライフサイクルにおけるリスクマネジメントを支援します。

お客様の声

お客様の声:日本マクドナルド株式会社

日本マクドナルド株式会社

オペレーション&テクノロジー本部 テクノロジーリスクマネジメント 部長 鵜飼 淳 氏

「メールに添付されたExcelファイルを介してPowerShellを悪用する攻撃を仕掛けられたことがあったのですが、Cybereason EDRが早期に検知してくれたおかげでマルウェアのペイロードに至る前に脅威を除去できました。また管理画面を毎日チェックしてアラートの有無を確認しているのですが、本当に対処すべきアラートなのかどうか判断に迷うこともあります。そんなときも、サイバーリーズンのMDRサービスに問い合わせることで適切な対応を教えてもらえるので、とても助かっています」

お客様の声:株式会社ジンズ

株式会社ジンズ

ITガバナンス室 統括リーダー 増村 洋二 氏

「PCの運用監視のために導入していた管理ツール経由でエージェントをサイレントインストールしましたが、特に大きな手間を要することもなく、比較的容易に自動配布の仕組みを構築できました。またエージェントの導入後もPCの動作に問題が生じることは一切なく、極めて安定して稼働しています」

導入企業

<8/25 オンライン>サイバー攻撃デモ&ハンズオンセミナー