Cybereason

Cybereason

金融DXとサイバー脅威対策を両立し、顧客資産を保護

顧客のライフスタイルの変化や、規制緩和を通じた他業態からの参入によって競争が激しくなり、各金融機関が事業を継続するためには、金融サービスの高度化が欠かせません。

高度化の1つの方法としてレガシーシステムのデジタル化(DX=デジタル・トランスフォーメーション)があります。そのためクラウドへの移行にによる金融サービスの改善や拡張による顧客体験の向上、API導入による外部システムとの連携により、電子決済等代行事業者など外部事業者との新規金融サービスの創出が求められています。

また、働き方改革の一環として、テレワークによる業務効率化やDXを通じた生産性向上によってコスト削減が見込められます。

金融業におけるサイバーセキュリティの課題

業務のデジタル化を推進すると同時に検討するべき課題が「セキュリティ強化」です。

デジタル化によって、端末やサーバがインターネットと接続することになり、Attack Surface(攻撃対象領域)が増加します。金融機関はサイバー攻撃者に狙われやすい業種の1つです。リモート接続・テレワーク環境やサービスを提供するクラウド環境においてセキュリティリスクを把握する必要があります。

サイバー脅威は年々巧妙化し、業種を問わず猛威を奮っています。標的型攻撃において多用されているランサムウェアやファイルレス攻撃は、従来のセキュリティソリューションで検知することは非常に難しく、攻撃を未然に防止することは困難です。最新の脅威から顧客資産を保護するためには、サイバー脅威が侵入されることを前提とした対策が必要です。

Solution

金融業向けソリューション

サイバーリーズンは、働き方改革や業務のデジタル化に潜むサイバー脅威からお客様の顧客資産や情報資産を保護し、事業拡大を止めないエンドポイントセキュリティソリューションを提供します。また、金融機関における堅牢な情報セキュリティマネジメントを支援させていただくために、定期的に組織内、金融サービス環境内の健全性をチェックしていただけるサービスや、MDR(脅威監視サービス)、インシデント対応サービスを提供しています。

お客様の声

大手キャッシュレス事業者 サイバーセキュリティ責任者

「サイバーリーズンを導入していることで、CSIRTの業務は圧縮され、「時短」が実現でき、他の業務にも取り組む余裕ができている。信頼できるMDRが24時間365日モニタリングしていることで非常に安心感を得られているとともに、顧客に対して安心できるしっかりとサービスを提供できている自負があります。」

導入企業

<8/25 オンライン>サイバー攻撃デモ&ハンズオンセミナー