Cybereason

Cybereason

日本で最も選ばれているEDRで巧妙なサイバー脅威を阻止

中堅企業におけるサイバーセキュリティの課題

サイバー脅威はますます高度化しており、企業の有名無名、規模の大小を問わず被害が増加しています。フィッシングメールや、テレワーク端末を狙った攻撃、ゲートウェイや公開サーバーの脆弱性をついた攻撃などによって攻撃者は組織内に侵入し、情報を摂取した後にランサムウェアを実行するケースなど、被害は拡大する一方です。

また、攻撃者はあらゆる侵入手段を模索しており、大企業だけでなく、中堅企業も標的となっています。知らないうちに自社の従業員の端末が感染し、加害者として取引先への攻撃に加担してしまうサプライチェーン攻撃が増加しています。サプライチェーン攻撃の被害にあった場合、自組織だけでなく、取引先にも損害を与えてしまうことで、取引が打ち切られたり、損害賠償を求められたりするおそれがあります。「うちは大企業、有名企業ではないからセキュリティ対策は見直さなくてもよい」では済まされない状況まできており、サイバー脅威対策は組織の経営課題として取り組まなければなりません。

昨今の高度化したサイバー攻撃は既存のセキュリティソリューションをすり抜けてしまいます。社内にあるUTMや次世代ファイアウォールのセキュリティチェックをかいくぐるような攻撃、アンチウイルスでは検知できないような未知のマルウェアやファイルを使わない巧妙な攻撃が主流になっています。このように攻撃者はターゲットとする情報資産が保存されている端末や社内サーバーまで到達する脅威の増加している中、それらのエンドポイントを保護する最新のセキュリティ対策が急務となっています。

Solution

中堅企業向けソリューション

業種問わず数々のお客様に採用され、国内導入実績 No.1 EDRを誇るCybereason EDRを提供しており、社内、テレワーク端末など場所を問わず端末、サーバーを一括監視し、アンチウイルスなど、従来のセキュリティソリューションをすり抜ける巧妙な攻撃をCybereason EDRが検知し、対処することができます。

また、セキュリティ人材問題を解消するために、サイバーリーズンのセキュリティ専門家が組織のセキュリティチームの一部として機能する中堅企業向けのMDRサービス(脅威検知と対応のマネージドサービス)も用意しております。他にも専門チームによるインシデント対応サービス、企業内の安全性をチェックできるセキュリティヘルスチェックサービスを提供します。サイバーリーズンはお客様のサイバーセキュリティ戦略パートナーとして、日常的な運用支援からインシデントの収束まで、リスクマネジメントを支援します。

導入企業

<8/25 オンライン>サイバー攻撃デモ&ハンズオンセミナー