Cybereason

Cybereason

資料タイトル
ケーススタディ:獨協大学

資料概要
埼玉県草加市にキャンパスを構える獨協大学は、ドイツの文化と学問を通して国際人を育てるという理念の下に1883年に設立された「獨逸学協会学校」に端を発し、1964年に大学として設立されました。同大学が持つ外国語教育と国際交流の伝統と歴史は、130年以上の時を越えた今に息づき、そして受け継がれています。

そんな歴史ある同大学では、在学生および卒業生約9万人に及ぶ学生の個人情報を管理しています。これらのデータや教職員の個人データの管理を受け持つ同大学事務局では、これらの情報をセキュリティ脅威から守るべく、さまざまな情報セキュリティ対策を施してきました。

お申込みフォーム

以下のお申込みフォームに必要事項を入力し、送信してください。
送信後、ダウンロードページが表示されます。受付完了メールは配信されませんのであらかじめご了承ください。
※入力の際、機種依存文字はご使用にならないようお願いいたします。

製品・サービス

Cybereason EDR

Cybereason NGAV

個人向け製品

<2019年1月24日開催 オンラインセミナー>国内導入実績No.1標的型攻撃対策ソリューション「Cybereason EDR」の最新機能をご紹介!