Cybereason

Cybereason

テレワーク環境の安全性を可視化し、
推奨対策を提示

働き方改革の一環や、多様な働き方の推進により多くの企業で広がるテレワークの推進。新型コロナウィルス流行を受け、政府からの企業・組織に対して、感染拡大の防止策の一つとして、テレワークへの切り替えを強く推奨しており、多くの企業でテレワークの実施が進められています。

しかし、こうした急激な変化にセキュリティ対策が追いついていない会社も多く、リモート環境の脆弱性を狙ったサイバー攻撃からの脅威が、今までになく高まっています。

こうした状況に対して、Cybereasonは、テレワーク環境のセキュリティについて不安を抱えているお客様向けに、テレワーク環境の問題点を明らかにするための「テレワーク・セキュリティ・アセスメント」をご提供しています。

急速な状況の変化にも対応したセキュリティ強化のためにぜひご活用ください。

テレワーク・セキュリティ・アセスメントで
分かること

テレワーク・セキュリティ調査

テレワーク環境のセキュリティに必要な16項目に対して、その調査概要、侵害された場合のリスク、推奨する対策などをわかりやすく提示します。調査結果、推奨対策に基づいた対策を実施することで、テレワーク環境のセキュリティを改善することが可能です。

Anomaly Check(異常動作の調査)

エンドポイントのプロセス起動数とトラフィック量の集計により、端末稼働状況を可視化し、「働き方」及び「セキュリティ」のふたつの観点からテレワーク環境をより適切に把握するためのデータを提供します。

テレワーク・セキュリティ・アセスメントの特長

負荷なく、すぐに実施可能

ユーザーモードで負荷なく稼働するCybereason EDRを利用することで、業務を妨げずに、組織全体のエンドポイント情報を効率的に情報収集

攻撃者の視点でのアセスメント

高度な知見を持つサイバーリーズンのセキュリティ・アナリストが国内外の最新のサイバー脅威の情報に基づき、攻撃者の視点でアセスメントを実施

セキュリティ対策状況を可視化

テレワークを実施しているエンドポイントから収集した情報に基づき、組織のテレワーク環境下におけるセキュリティ脅威への対策状況を可視化

迅速な調査と推奨策を提示

Cybereasonのツールと知見を活かし、迅速にアセスメント結果と推奨策を提示し、セキュリティ強化の取り組みを支援

テレワーク・セキュリティ・アセスメントの流れ

STEP1
Cybereason EDRのクライアントモジュール(センサー)を、アセスメント対象のエンドポイント(PCやサーバーなど)にインストールしていただきます。(サイレントインストール可)
STEP2
Cybereason EDRをお客様のネットワーク内で1週間ほど稼働させ、各エンドポイントからアセスメントに必要なデータを収集します。
STEP3
センサーより収集したデータに基づき、セキュリティ状況、および端末稼働状況を可視化し、調査・分析します。
STEP4
「テレワーク・セキュリティ・アセスメントの調査結果」と「特定された課題に対する推奨策」をレポートとして提出します。
診断結果レポートサンプル

製品・サービス

Cybereason EDR

Cybereason NGAV

Cybereason Mobile

/**/